読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼるs stone (仮)

ハースストーンについて思ったことを書いていきます

ヒロイック酒場の喧嘩をやってみた

ついに実装されたのでさっそくやってきました。

 

1週目

デッキはコボルト型フリーズメイジ。フリーズメイジ使いとしてのプライドをかけて戦います。

リストは以前にも紹介したこれです。

f:id:borurunHS:20161117181647p:plain

 

0-0対レノメイジ

2ターン目スカラベとか出てきて真顔になりました。相性的にはガン不利です。ウォリコンほどではないですが。

アレクでの最速の削りきりとレノを出された場合にアレクで返すプランの両方を見据えて火力温存しつつプレイ、アレクで最速の削りきりを選択したら相手はレノ持ってなかったようでそのままブロック割って勝ち。

 

1-0対シクレハンター

相性的には不利。ミラーイメージがあれば戦えるんだけどなーって思いつつプレイ。

なんだかんだで終盤に後1ターン、後1マナ、後1点どれかあれば勝ちという状況を作るもロープが切れる前に解決策を見つけることができず死亡。後から見返してもおそらく解決策は無かったのでやむなし・・・ではあるけどかなしいですね。

 

1-1対ンゾスパラ

マーロックではなく純粋なンゾス型。相性的には五分~不利までヒールの量次第で変わります。

相手のプレイングが甘かったのとこっちの引きが良かったのとで最速アレク決めたら返しにヤシャラージュ出してきてよくわからないけどそのまま15点削って終わりました。

 

2-1対ミッドレンジシャーマン

本命登場。プロレベルで対戦したら65:35の有利マッチではあるものの、レジェ常連程度のプレイヤー同士で対戦するとデッキパワーの差がありすぎてシャーマン側が有利になるという謎のマッチアップ。

ちなみに自分はフリーズ側で勝率55%、シャーマン側で勝率80%くらいです。笑うしかない。

内容は相手が事故ってたのか対フリーズの動きを知らなかったのか、序盤の動きが甘かった上にこっちがブン回ったのでソーリサンからアレクぶっぱに繋げてGGWP。デッキパワーとか関係無かった。

 

3-1対ミッドレンジシャーマン

再び登場。

こっちが盛大に事故って動けない間にボッコボコにされ終了。

これだから有利マッチ(笑)なわけです。

 

3-2対ミッドレンジシャーマン

3回目の登場。

こっちの引きは相当悪かったものの相手もあまりよくはなく、なんとか細かいプレイングと運で繋いで勝ち。

 

4-2対ミッドレンジシャーマン

4回目の登場

手札がひどい事故で負けを覚悟したものの、丁寧にプレイしていったらなんとか追いつけてかてました。奇跡。

 

5-2対ミッドレンジハンター

やや不利なマッチアップ。なぜか相手がカラザン前みたいなリストだった。

引きが良かったのも手伝って丁寧にプレイしていってプランニング通りと言った感じで勝ち切りという感じ。

途中に相手がキルコマ2枚持っていたら負けというシーンが1回あったのが怖かったけどさすがにそれほど運は悪くなかったらしいです。

 

6-2対ミッドレンジシャーマン

5回目の登場。半分以上がミッドレンジシャーマンです。これはひどい

序盤は悪くない立ち上がりだったものの中盤で怪しいワンアクションしたらそのまま押し切られました。このマッチアップはフリーズ側が1ミスしたら負け、ミッドレンジシャーマン側は5,6回ミスっても良いのでこういうことはしばしばあります。

 

というわけでフリーズメイジ使いのプライドをかけた1週目のヒロイック酒場の喧嘩は6勝3敗で終了。報酬的にはプラスでした。

f:id:borurunHS:20161117184611p:plain

辛うじてフリーズメイジ使いとしての威厳を保てたか・・・・?

 

 

2週目

 実はシャーマンに対する戦績はフリーズメイジよりウォリコンの方が良いのでウォリコンを使ってコントロール使いとしてのプライドを・・・と思いました。リストはこれです。

f:id:borurunHS:20161117221716p:plain

めちゃくちゃ普通のウォリコンです。

結果はこれです。

f:id:borurunHS:20161117221744p:plain

多くを語る必要はない。

 

 

3週目

安定感のあるミッドレンジシャーマンを使った方がてっとり早いのでは。という真理にたどり着いてしまったため、ミラーを意識したミッドレンジシャーマンでプレイ。

f:id:borurunHS:20161118182801p:plain

 

f:id:borurunHS:20161118182821p:plain

 

今回学ぶべきことは「強いデッキは強いカードを強い順番で出せるから強いのであって、強いデッキでも使えないカードばかり引き続けると弱い」ということ。

ズーに有利とか言いながらAOE1枚も来ないんじゃ勝てるはずもなく終了。

1回勝ったのは対ローグでそこそこ回ったからです。それ以外は全部事故りました。

 

 

4週目

フリーズとその他で平均勝ち数が5.5も違うということはやはり自分はフリーズが得意なのではと思いフリーズメイジを選択することにしました。

リストは少し変えて序盤に強い形に。

f:id:borurunHS:20161118194434p:plain

 

0-0対ウォリコン

開幕からキレそうでしたが冷静にコインから最速アレクして、2ターン内の最大ダメージ出しつつ3ターンあった場合に追加打点引けるような組み合わせで削りにいったらギリギリでかてました。奇跡。

バーストダメージの計算方法 - ぼるs stone (仮)

この記事を読んで無かったらあんな難しいバーストダメージの算出は出来てなかっただろうなー(棒)

 

1-0対チャイナテンポメイジ

相手が相当なブン回り。ただこっちも引きがよく、8ターン目アレクというブン回りで返すことが出来たため辛くも勝利。

 

2-0対アグロシャーマン

トログ→コイン野獣の精霊GGWP

終末予言者どうのこうのの前に5ターン目には瀕死でした。

 

2-1対テンポメイジ

まーたテンポメイジかーとか思ってたらまたブン回りされて序盤から苦しい展開に。

しかも引きが良くなかったので先に削りきることもできず、やむなくアレク回復プランへ。

相手が15点を削りきれずに長引いてる間になんとか次のターンリーサルという状態を作るもののヨグサロン登場。照明弾でこっちのアイスブロックを剥がしつつ4枚ドローという華麗な動きを見せるもののさすがにそこまででした。負けたらキレてた。

 

3-1対テンポメイジ

まーたまたテンポメイジかー、って思ってたら今度は相手が序盤から盛大な手札事故。その間に火力をソーリサンで圧縮して後から引いたコボルトを巻き込んで25点のバーストを出して勝ち。

 

4-1対ビーストドルイド

ドルイドを見たので中盤以降に強いマリガンをしたらビーストドルイドでした。

1ターン目に2/2を出され、練気から4/5/4を出されそのままなすすべなく一方的に殴られ続けて負け。

 

4-2対シクレハンター

不利なマッチアップ。

序盤から相手がかなり回っていてこちらは秘策のせいで思うように動けず、防戦一方のまま削り切られておわり。

 

というわけで4-3でした。悲しい。

パックからはエピ2レジェ1だったので実質損はしていないと信じたいところです。

 

 

5週目

元は5週までしかできない設定だったのでこれがラストと割り切ってラダーで調整して一番勝率の良かったテンポメイジを持っていくことにしました。

f:id:borurunHS:20161119184608p:plain

ラダーでの勝率はランク6→5で5-1。大きなミスも無くプレイ出来ていて、シャーマンにもある程度勝てるのでいけるのでは、と思い開始。

f:id:borurunHS:20161119184722p:plain

そして終了。

もうね、相手がすごく綺麗に最速で最大バリューのンゾス決めて来るんですよね。2回も。残りの1回はハンターで、相手は相当ミスを連発してたんですがいかんせん不利マッチな上、序盤にミスでテンポ取られて返す手段が引けないしウェイカーは仕事しないしで無理でした。

 

良い子のみんなはヒロイック酒場の喧嘩で金を搾り取られることのないようにしましょう。破産します。

 

おわり。