読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼるs stone (仮)

ハースストーンについて思ったことを書いていきます

s28振り返り+雑記+上振れする楽曲Tier表

シーズン振り返り 雑記 ネタTier

色々と混ざったタイトルになってますが1つずつ書いていきます。

 

 

・s28振り返り

26日くらいまでは3桁後半を維持していて、28~29日戦績次第では最終日にブン回して上位を狙おうと思っていたのですが、28日に1000位ほど順位を落として沼へ沈み込みました。

最終日に3時間くらい回して勝率60%程度で2400位から駆け上がったんですが1400位ほどでタイムアップ。

28日にボロ負けしてなければ・・・・と悔やまれるシーズンでした。

使ったデッキは28日までは主にクトゥーンドルイド、ズー、フリーズメイジで31日に使ったのは中国式テンポメイジです。

中国式テンポメイジに関しては詳しくなく、他の人が書いたガイドを真似してプレイしてたら上振れしまくって勝っただけなのでガイドは書きません。

「CNテンポメイジ」とかで検索するとガイドが出てくるかもしれません。

*1

 

 環境に関してはウォーリアとそれを潰すためのトークンドルイドばっかりみたいな印象でしたね。アグロシャーマンとズーはどこへ行ったんでしょう。

かなり偏った環境だったので次のアドベンチャーで改善されると嬉しいのですがはたして・・・・。

 

・雑記

報告その1

ラスカルさんが団長を務めるアマチュアゲーミングチーム「ラスカル鑑定団」に所属することになりました。

正確にはかなり前からグループメンバーになっていて、名前だけ決まっていなかったのをメンバーで会議し、ラスカルさんの出したアイディアを元に自分が適当にくっつけて名前をつけたら(ラスカルさん以外)全員一致で賛成だったのでそのまま決まりました。

略称はラスカンです。

ちなみにラスカルさんの「ハースストーンっぽい名前にしよう」という反論を受けて自分が提案した「ナット・ペイグル漁業組合」は没になりました。残念です。

メンバーには2桁フィニッシュ経験者や日本選手権出場経験者等、強い人がたくさん揃っているのでおいてけぼりにならないように精一杯努力しようと思います。

また、自分は情報を出すことにあまり抵抗がないので今後もこのブログでガイド等を書くと思いますが、メンバーに迷惑をかけないように自分自身で得た情報だけを出すように心がけるので「レジェになりましたがガイド書けません」みたいなのが少し増えるかもしれません。すみません。

 

報告その2

ブログの更新頻度を上げます。

というのも最近どうもTwitchで配信しながらプレイすると下手になるというのが分かったので重要な時は配信せずにプレイすることにしました。*2

しかしレジェンドになった後は大抵順位を落としたくないのでレジェンドになった後は配信出来ないという問題が出てきます。

出来るだけ他のプレイヤーとコミュニケーションを取りたいので、その代案としてブログの更新頻度を上げたり、無言でラダー回してるところを動画にして解説つけてガイドとしてブログにアップ出来れば良いかなぁ・・・とか考えてます。*3

後はTwitterで自分の考えをまとめて書いたりすることがあるのですが、そういうのも長くなってしまうのでブログに書いた方が良いかな、と思ったので軽い考察みたいなのも上げていくと思います。

予定は未定ですがまあ多分更新頻度は上がるでしょう。

 

ちなみに前述の「28日に1000位ほど順位を落とした」事件は配信してる時だったりします。

 

 

・ラダー中にかけると上振れする楽曲Tier表

経緯:Twitterでブログに書く記事をアンケート形式で募集する→ネタ枠で入れてたコイツに投票する輩が続出→楽曲Tier表書きます・・・・・

f:id:borurunHS:20160802192154j:plain

こういうことです。

さすがにふざけてるので後でデッキリスト選択については別記事で真面目に書きます。

では本題

 

ラダー中にかけると上振れする楽曲Tier表

Tier1

Prime number ~ 君と出会える日 ~/大倉明日香

Your song*/Yun*chi

Escape From The City/Ted Poley&Tony Harnell

チャイナアドバイス/相対性理論

Tier2

夢の続き/鈴木このみ

OverDrive/JudyAndMary

アドバルーン/nano.RIPE

いつも いつでも/AiM

Johnny B Goode/マイケル・J・フォックス

ハートビート/LONG SHOT PARTY

気まぐれロマンティック/いきものがかり

ユメ・ミル・ココロ/伊藤かな恵

 

・概要

Tier1

Prime number ~ 君と出会える日 ~/大倉明日香

最近一番よく聞いている楽曲の一つ。テンションが上がる系。

女性ボーカルながら低くカッコイイ声と歌詞がマッチしていてGOOD

当時16歳とは思えない大人っぽさがあって期待してたもののその後のシングルは無し。残念。

 

Your song*/Yun*chi

声が特徴的。ズーを使う時にオススメの楽曲。

歌いだし、途中、最後と高頻度で「ずーっとーーーー」の歌詞が入るからである。

s26にズーでレジェになった時に「Your song*聞いてたらレジェになれた」ってツイートしたら公式からふぁぼられました。

 

Escape From The City/Ted Poley&Tony Harnell

テンションが上がる系。全歌詞が英語。

洋楽かと思いきやゲーム「ソニックアドベンチャー2バトル」の最初のステージでかかる音楽だったりする。このゲームには名曲が多い。

走り出したくなるがラダー(=はしご)は走ってはいけない。落ち着いて登ろう。

 

チャイナアドバイス/相対性理論

癒し系ボイスとよく分からない歌詞のミスマッチが魅力。s27後半戦のMVP。

中国式テンポメイジを使ってるからチャイナアドバイスかけてみよーと気軽に選択したところものすごい上振れを記録。カバル本とヨグから合計3枚のアイスブロックを貼って勝利したり、スペルスリンガーを出したら止めの一撃を引いてヒロパと合わせて落としたり、凄い効果だった。アドバイスは有効。

 

Tier2

夢の続き/鈴木このみ

カッコイイ女性ボーカルシリーズ。テンションが上がる系。

鈴木このみ楽曲は好きな曲が多くてどれも捨てがたいが最近よく聞いていたのでこれに。

テンションが下がることの多いラダーにおいてテンションが上がる楽曲は重要である。

 

OverDrive/JudyAndMary

昔懐かしいJPOP。力強い声、AメロBメロAメロBメロサビという構成が良い。

個人的にJudyAndMaryが好きすぎて仕方ないのでテンションが上がる。そしてラダーにおいてテンションは重要である。

 

アドバルーン/nano.RIPE

独特な声質と感傷的な歌詞が良い。というかnano.RIPEの歌詞はだいたい良い。

インド人のMADや独特な踊りで一部で有名な曲、「リアルワールド」のB面の曲だったりする。

子供心を取り戻し、ただ楽しむためにゲームをすることも時には大切であることを思い出させてくれる曲であり、勝ち負けにこだわりストレスが溜まった時にリフレッシュ出来る。

 

いつも いつでも/AiM

昔懐かしいデジモン曲。

これも子供の頃を思い出す。ゲームは楽しめなくなると負ける。子供の頃のように楽しくラダーを回しましょう。

 

Johnny B Goode/マイケル・J・フォックス

テンションの上がる洋楽。「Go Johnny GoGoGo!」の勢いで何時間でも回せる。

チャック・ベリーの曲を映画「Back To The Future」で主演のマイケル・J・フォックスがカバーしたもの・・・・だが実は歌ってる人は別人だったりするらしい。

アグロ系デッキを使ってるのに下手に手を止めてしまうくらいなら無理やり押し切った方が良い、そう思ったらこの曲でGoGoGoするべし。

 

ハートビート/LONG SHOT PARTY

心が折れた時に聞くと良い曲。歌詞がGOOD。

聞いただけだと何言ってるか分からないから1度歌詞を見ることを推奨します。

ラダーで下振れして心が折れた時にやめてしまうとそこでランクは止まってしまう。「何回だって走り出せ」ば上手くいくこともある。レジェ到達に必要なのは試行回数だ。

 

気まぐれロマンティック/いきものがかり

個人的にいきものがかりの曲を入れたかったので入れました。

可愛い歌詞だし男ならテンションが上がるに違いない。

 

ユメ・ミル・ココロ/伊藤かな恵

癒し系。「大正野球娘。」のエンディング曲。

こんな可愛い声の女の子が涙で逃げずに頑張ってるんだから自分も頑張るしかないだろうと奮い立て、その勢いで勝負強くトップで良いカードを引くべし。

「野球は不平等なゲームだ。ホームランを打ってもランナーがいるかどうかで得点が変わるし、当たり損ねたボールでも偶然相手のいない場所に転がればヒットになるんだから。」こんなことを誰かが言ってた気がするが、ハースストーンも同じだ。

 

・総評

概ね「テンションが上がる」タイプの楽曲が多く入り、「特定のデッキのみ強い」楽曲、「癒し、純粋な気持ち」をくれるタイプの楽曲が対抗する形になった。

「普段から良く聞いている曲」かつ「アーティストの被りがない」かつ「ジャンルのばらつきを与える」という条件をつけて選択したので若干違和感のあるラインナップになったがそもそもこんなくだらないリストなのでそんなのはどうでもいい。

 

以上、自分の好きな曲と好きなアーティストの紹介でした。

 ※追記

自分は集中して物事をする時に1曲をリピートし続けて、集中が切れたり気分を変えたくなったりしたら曲を変えてリピートし続ける、という一種のルーチンワークというかジンクスというか癖みたいなものがあります。

 なので説明文が「同じ曲を聞きながら回し続けるのが前提」みたいな感じになってる箇所があるのはそういうことです。

 

・おまけ

そのうち書くつもり記事リスト

自分流デッキリスト選択の仕方

確定除去ってどうよ?デメリットの重さってどうよ?(マルチvs回帰議論)

 

おわり。

*1:直リンの可否が書いてないのでリンクは貼りません。個人的に聞かれたら答えますが。

*2:正確には喋りながらプレイすると下手になる

*3:建前:他のプレイヤーとコミュニケーションを取りたい 本音:売名したい