ぼるs stone (仮)

ハースストーンについて思ったことを書いていきます

ブログトップ

このブログはハースストーンに関連する考察や雑記、デッキガイドを書いていくブログです。

主にランク5~レジェンド到達の人に向けた内容になっていますが、それ以外の人も読んで楽しめるよう心がけています。

記事やブログへのリンクはフリーです。*1

 

また、このブログを初めて読む人に、自分の実力がどの程度のもので、参考になりそうかどうかを判断してもらうために過去の大会実績、ランク戦結果等を載せておきます。

適度に更新していきます。

 

 

・ランク戦

2016-3 レジェンド

2016-5 レジェンド

2016-6 レジェンド(最高順位:41位)

2016-7 レジェンド

2016-8 レジェンド

2016-9 レジェンド

2016-10 レジェンド

2016-12 レジェンド(最高順位:34位)

2017-1   レジェンドTOP200フィニッシュ(最高順位:69位)

2017-2 レジェンド 

2017-3 レジェンド

 

・国内大会

らっきょ杯#8 ベスト4

ハスゲ杯#10     準優勝

sakucup#37   ベスト4

 

・その他

ハースストーンコンテスト:モルグル賞(回復トーテム三銃士)

 

*2

*1:記事内容の無断転載、及びリンク無しでの引用はお控えください

*2: 最終更新:2017-4/05

ラスカル鑑定団メンバー紹介

突然かつ今更ですが自分の所属しているラスカル鑑定団というアマチュアゲーミングチームのメンバー紹介をしていこうと思います*1

※6月7日現在、ここに載っていない人はラスカル鑑定団メンバーではありません。 

 

・チーム概要

ラスカル鑑定団とは、ハースストーン専門のアマチュアゲーミングチームです。

2016年6月頃にラスカルさんの声掛けで発足、7月頃に現在のチーム名となりました。

選手10人前後とそれを補佐するスタッフ的立ち位置の人間で成り立ってます。

シーズン世界選手権へ合計2人排出しています。*2

 

・メンバー紹介

 

rascal(

団長。

チームのリーダーであり、名前を背負ってメンバーを引っ張ってくれて人脈もすごい人。

4月を含め、ここ数ヶ月2桁フィニッシュや2鯖2桁到達等を何度も達成しているが、オンシーズンの最終日に限って下振れして沈んでいく傾向がある。自他ともに認める不幸体質。

解説者として日本語公式配信に出演するなど、選手以外の面でも活躍中。

 

 

ぼる(@borun_puyokiti)

副団長。この文を書いている人。

普段は何もしないけども何か起きた時だけ何かする人。

選手としての実績はブログトップで確認を。

最近はレジェヒットすらしたりしなかったり。

 

 

b787()

2017冬季アジアチャンピオン。

lojomとの世界選手権行きを賭けた試合は名勝負なので見たことがない人は見ましょう。

4期連続の選手権地域プレーオフ出場、レジェンド1位複数回達成等、高いレベルで安定した成績を残している。

コントロールデッキが大好きだが、最近はどんなデッキでも使うようになった。

また、英語を話せることやその見た目もあってcute girlと呼ばれ海外の男性達から好かれている。*3

現在のラスカル鑑定団の2大エースの一角。

 

 

glory()

2018夏季選手権アジア太平洋地域TOP4(アジア代表)

地域プレーオフ4連続出場。

2018夏季シーズンは連続TOP25フィニッシュ+ツアーストップベスト8という圧倒的なポイントを叩き出し、勢いのままに世界選手権行きを決めた。

適応力があり、メタが変わってもすぐにトップメタのデッキを複数使いこなすセンスがある。その適応力は入団時にも発揮され、初日真面目な人だったのが数日で汚染されてしまった。

現在のラスカル鑑定団の2大エースの一角。

 

 

benyasu()

通称:エマパパ。

エマという名前の猫を飼っており、溺愛している。

選手としてはTOP50フィニッシュしたり、2サーバー2桁で回し続けたりしているが後一歩のところで選手権を逃している。

時折変なデッキで勝ちまくるため、騙されて被害に合うメンバーがちらほら。

 

 

hinaya()

ラスカル鑑定団のうるさい奴担当。

選手としての実績はポイント付き大会優勝やトップ100フィニッシュ等。

特にボルフラムシールド入りレノロック(通称:ヒナロック)は多数の日本人プレイヤーに影響を与え、2017冬季アジア地域プレーオフで採用された。

その他、独特なセンスのテックカードを入れることが多い。

獰猛な猿の物まねが得意。というより本人が猿のようにうるさい。

 

 

カメラリバース)

名前の由来は別ゲーでの大会にてカメラ反転モードでプレイしていまい、戦犯になったことから。

担当は主に祝勝会での焼肉幹事。焼肉屋のバイトを辞めると退団との契約があるらしい。

選手として酒場のヒーロー予選で後一歩のところまで行ったり、ポイントを取ったりした実績はあるものの、定期的にスプラトゥーンに浮気をしてしまうため印象が薄い。

がんばれ。

 

 

兄人

偶数パラを愛し、偶数パラに愛された男。

2018年4月新加入メンバー。

なかなか2桁を踏めないと言いながら加入し、すぐにレジェ1を取った化物。

偶数パラで1位を取り、動員ナーフ後も何故か偶数パラで勝ち続けている。

読み方は「しょうと」。Twitterのアカウント名で混乱させられるので注意。

 

 

EXCEL()

2018年4月新加入メンバー。

酒場のヒーローやチャレンジャーズなどの実績持ち。

メンバー内での会議の際には自分の意見をテキパキと言ってくれるありがたい存在。

選手権に出たいというよりは選手権に出る人をサポートしたい派らしい。

 

 

テンペスト()

2018年4月新加入メンバー。

配信、ブログに力を入れている。

ブログは膨大な試合データからメタの分析等、面白いことをやっていたり。

選手としては最高2位、トップ100フィニッシュ経験有りの有望株。

アグロデッキが得意で、4月はマーロックパラディンを使い込んでいた模様。

 

 

snow()

2018年4月新加入メンバー。

定期的にメンバー用discordに「ハースストーンマン」の一言を載せてラダー通話を募集していて、他のメンバーの試合を見ながらプレイングを考察したりしている。

モチベーションの高さはチーム1かもしれない。

伸び代大の注目株。

 

 

ディスイズ()

スタッフ。

データ収集用フォームの作成等、様々な仕事を引き受けてくれるありがたい存在。

地味にラスカル鑑定団のdiscordの権限を持っているため、逆らうと消されるかもしれない。(おそらくそんなことはしない)

スタッフだからあんまりラダー回さない・・・とかいいつつレジェ達成経験者。

普段はsteamゲー等をしている。

 

 

 

2018/06/07 最終更新

 

 

 

 

 

*1:実は突然ではなく、理由はあるのですがブログに上げることでもないのでTwitterでラスカル鑑定団とかで検索かければ面白いと思います。

*2:参考:日本人のシーズン世界選手権参加者は現在合計で5人

*3:念のため補足すると彼は男性です。

レジェンド到達ミラーイメージ入り秘策メイジ

レジェヒットしたので秘策メイジについて少しだけ書きます。

 

f:id:borurunHS:20180221184504p:plain


AAECAf0EBsABqwS8CL8Io7YCotMCDHG7ApUD5gSWBewF17YC67oCh70CwcECmMQCj9MCAA==

 

よく言われる自由枠のところにミラーイメージを入れたところ以外はごく普通の秘策メイジです。ミラーイメージを採用してる人が他に見なかったのでつまりはあんまり普通じゃないです。

このリストの勝率は26-9で74%だったのでまあ悪いリストじゃないと思います。ちなみに普通のリストで回したら64%くらいでした。なんでだ?

 

基本的な動き方はosuttyoさんがブログで書いてくれているので見ましょう。

toyotsu-poke.hatenablog.com

 

自分もこの記事をある程度参考にしながらプレイングを固めました。

 

 

でも最初に言います。

このデッキはテンポ放棄するテンポデッキです。

 

なんじゃその「トゲアリトゲナシトゲトゲ」みたいなやつ。って思った人いますよね。

どちらかというとネコ目イヌ科に近いです。*1

 

・真面目な解説

秘策メイジはテンポメイジの一種であり、基本はテンポを取りつつ戦います。

もう少し具体的な立ち回りを話すとミニオンを出す、呪文で相手のミニオンを倒す、盤面に自分のミニオンが残る、ミニオンで顔を殴る、これを繰り返すデッキです。

この従来のテンポメイジに対して似たようで少し違う、チャイナテンポメイジと呼ばれるデッキタイプが2016年7月頃(旧神環境後期)に流行しました。序盤こそテンポメイジの動きをするものの途中で盤面の構築を放棄して顔面に呪文を打ち、引いてきた火力で削り切るデッキタイプです。

 

このデッキについてはClownJPさんとnirikuさんがガイドを書いてくれているので気になったら読みましょう。

30分でわかるCNテンポメイジ – 26"

 

秘策メイジはこのチャイナテンポメイジに近いテンポメイジです。

つまりはテンポメイジなんだけども途中でテンポ放棄することがあります。

なんだけどもテンポ放棄のタイミングが早すぎてテンポ放棄メイジになってしまうと火力が伸びずに削りきれず負けてしまうのでテンポ放棄型テンポメイジくらいで考えましょう。*2

 

爆発のルーンのおかげである程度までは相手のヘルスが勝手に削れるので手札とデッキにある火力と相談して削りきれると思ったタイミングでテンポ放棄して火力を打ちましょう。

このタイミングをつかむのが一番大切ですが、ここは経験値を積むしかないので回しましょう。

常に自分の盤面の打点と手札の火力を計算し、それとデッキから何点引いてくれば勝てるのか考えておくと身につくのがはやくなると思います。

 

 

・ミラーイメージについて

このカードは色んな使い方があります。人類はまだこのカードの可能性を測りきれていない。

よくある使い方はミニオントレードをしたくない時に、自分のミニオンを守りながら不利トレードを回避する(もしくは有利トレードをする)ために打つパターンです。

後1回フェイスにアタック出来ればリーサルが見えるのに返しにトレードされてしまいそう、なんて時に持っていると崇めたくなります。*3

似たような例としては相手に武器で取られたくない時に使うとかあります。1マナでミニオンの出てこないウーズだと思うと弱い気がしますけどそういう選択も出来るカードだということを頭に入れておくことが大事です。

後はダメージレース気味になって1ターン差で先に削り切るための守りのカードとしても使えます。フリーズメイジっぽいですね。

盤面が不利すぎると使いにくくなるので基本的には序盤~中盤のテンポ放棄する前のタイミングで使いましょう。

 

・その他Tips

パイロブラストが有るときは相手のヘルスが10以下で10ターン目を迎えれば勝ちを意識すると良いです。ゴール地点が明確になるのでフェイスに行くかトレードするかの判断の目安になります。

○相手に使われたくない呪文があるとき、呪文相殺以外の秘策を貼っても防ぐことが出来る場合があります。自分が使われたくないならば相手としては通したい呪文なので1度ケア出来るならばケアをしてきます。そこでマナを使わせてマナが足りない状態に追い込めるなら別の秘策でも騙せたりします。

○マリガンする時に「秘策来いや!」って言って秘策引けるような人以外が使うとちょっとデッキパワーが下がります。運を鍛えましょう。自分くらいのレベルになると気合入れればマナワーム魔法学者キリントアの3セットが揃います。

 

終わり!

*1:この辺が気になる人は調べて見ましょう。イヌはネコの一部です。

*2:トゲアリトゲナシトゲトゲで例えるとトゲナシトゲトゲだと弱いけどトゲアリトゲナシトゲトゲだとトゲがあって強いみたいな感じ

*3:具体的すぎる例を出すと相手のヘルスが17、手札にファイボがあって自分の盤面に5/5が、相手の盤面にそれをトレード出来るカードがあるとして、その時に自分のターンで1回目のアタック+ミラーイメージ、相手のトレードをミラーイメージで防いで次のアタックを入れた後にヒロパとファイボの7点を出してリーサルとかそういうやつです。割とよくある。